川柳まさ裕の「写真週刊誌の記者が地方議員になるまで」①

なメ研理事で報道写真家の川柳まさ裕が、地方議員になった経緯と思いを赤裸々に綴ります。
なごやメディア研究会 2022.10.30
サポートメンバー限定

 2011年3月11日14時46分。東日本大震災が襲った。日本の大惨事。写真週刊誌の仕事をメインにしていた私は、翌日から被災地へひとりで取材に向かった。

 どんな被災地へもいち早くかけつけ、被災地の深部まで取材することで「災害取材のエキスパート」と自負していた。しかし、石巻、気仙沼、そして陸前高田へと取材を進めるうち、精神に異常をきたす。

 足元に横たわる遺体。身を寄せ合う被災者。自衛隊や警察による捜索。どれもこれも、取材しなくてはならないことばかりだけれど、地震という巨大なエネルギーによってもたらされた大津波の破壊力。絶対といわれてきた原発の安全神話が崩壊し、放射能は被災者や救助、救援に携わる人々の苦悩に追い打ちをかける。

 そうした被災地のなかで、寒さとガソリン不足の末にたどりついた陸前高田の中学校の高台から見た光景。はるか彼方に見える海まで続く広大なガレキの山となった街の跡を目にしたとき。「世の終わり」を感じた。

 報道という伝える使命の先にあるはずの「光」よりも、「絶望」を伝えることになりそうな、やるせなさに襲われ、身体が動かなくなってしまった。

 あれから11年を経た今になって、あの日あの時のことが、私の心身が動かなくなった理由だったと思う。

高さ17mの津波に襲われた陸前高田の市街地。この被害に「絶望」を感じ、報じる使命が止まった(2011年3月14日午後、岩手県陸前高田市で川柳まさ裕撮影)

高さ17mの津波に襲われた陸前高田の市街地。この被害に「絶望」を感じ、報じる使命が止まった(2011年3月14日午後、岩手県陸前高田市で川柳まさ裕撮影)

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、1614文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
僕の「伝わる」文章術 「。」と「、」のセオリー編・関口威人の「フリー日...
サポートメンバー限定
クラブで遊びまくっていたら社会福祉士になった・石黒好美の「3冊で読む名...
サポートメンバー限定
僕はなぜ「リケンさん」の記事を書いたのか・関口威人の「フリー日和 (⌒...
誰でも
地震からトヨタ会長会見、発電所爆発まで…【なメール2024年2月号】
サポートメンバー限定
石黒好美の「3冊で読む名古屋」⑨ 今こそ、神さえも笑うマンザイを
サポートメンバー限定
阪神大震災と能登半島地震・落ちこぼれ建築学生が感じる30年目の使命
誰でも
【なメール新年特別版】能登半島地震・緊急現地リポート/輪島市の最新状況...
誰でも
【なメール特別版】年明けに特別企画2件! 報道フォーラムや映画鑑賞に無...